上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
NEC_0109.jpg

後場のガソリンは後場寄り以降普段ならば上昇反転したと思わせるだけの勢いと値幅をもって上昇したが13時過ぎには頭打ちして14時までは戻りを売られながら大きく下落。その後は値を少しは戻し、安値圏ではあったがかなりの値幅を伴い激しく上下に動いた。
序盤は買ってましたが、13時過ぎにから14時前まで売ってました@@♪

12:30~
原油、相変わらず指値が通らない。
金ミニ金、厚い板に阻まれ手出しできず。
12:45
ガソリンは期近中物の上昇をみながら
もう下げ止まったのかしら@@??
とクビを傾げつつも先も時間足、修正した先繫ぎの日足レベルのチャート指標を突破したのでついていってみた。
順調に上伸。
前場、ごく普通の先つなぎの日足でのチャート指標の数字で抵抗を受けていたのを思い出しつつ縮小。
次は寄り付きあたりかな@@と思っていると天井。
一気に縮小したところを通り越してしまった@@;;;
そのときはすぐに戻したのでそのまま上昇軌道に回帰するよう願っていたが再度下に抜けたのでマルにした。

13:05~55
13:05~
件の日足レベルでの抵抗をあてにして売ってみた。
実際、そのあたりで上値をずっと抑えられたまま下がり始めた。
13:15~
先ほど買い始めたあたりで縮小。
13:20~
更に下がり、大きく戻したところを売り直し。
しばらく直近の底と戻り天井との間でもみあいたまごの準備をはじめたころもちあいの下値に達し、縮小。
13:35
OCOを使って前場後半にもみあった250や150を利食いのポイント、逆方向は先ほど売り建ちした少し上を損きりにしていたら立て続けに成立していたようで、たまごから戻ると大きく下に突っ込んでいた。(あ~あ
13:40~
たまごからもどったときには安値を更新中だった。
こんなに大きく下がると思っていればさっきみたいな指値を出さなかったのにと自分の見通しが外れてることを棚に上げてぼやきながら大きく戻ったところちょうどマルにしたあたりまで来たので売りなおしてみた。
再び大きく速く突っ込んでいく。
大きく動いているにもかかわらず不思議と1分足は未だにちゃんとチャート指標の枠の内側にあり機能している。5分は若干はみ出ているが少しいじれば対応可能だ。最近あてにしているサイズではもうすぐ-2Σに届きそう・・・届いたので縮小。
いっそマルにしようかとも思ったがまだまだ下がっていった。
次の抵抗が予測されるのはどこかしらとメモを見ると先繫ぎの日足での-3Σが570
・・・とどくかあ?@@
価格は650を底に反転した。
下は次々買い物が沸いてきて売り板を圧倒する。
正直に話すとビビッたのでマルにした。

十数秒後、1分足での短期移動平均線を上抜けた。

その後V字で千円単位での大台を回復するがそこで勢いは止まった。
900円台・・・930以上で推移してたまに大台を抜けるが押し返される動きが30分弱続き、大台から930まで一気に下がったなと思ったら一気に800まで棒下げした@@

ついてけない@@

チャートを広げてみればわかるが先ほどの下げからのV字回復と今回の唐突にも思える崩落・・・私の手に余る代物と判断して記録は残したものの一切ちょっかいはかけなかった。
その後700まで下げたが直後反転して大台手前まで戻り、さらに少し上を天井として800~950あたりで激しく上下し、引け前に140まで上昇したが一転して850まで崩れ去って引けた。

序盤
買ったのはうかつ。
後場は建てないといっていたのはどこのどいつだ?
前半~中盤
まあ、仕掛けるのであればこの売りは適切な売り始めだったと思う。
1回目の縮小、売り直しまでは言うことはない。
しかし、その後の縮小からマルまでは、成り行きで切った分はいいとして指値がはまった分は・・・(あ~あ
たまたま2回目の戻りがわかりやすい戻りで折り合いのつくところまで戻してくれたからいいが、そうでなければその後の想定外だったが大きな下げを取ることはかなわなかっただろう。
まあ、その後は特にまずいところはなかったと思う。

それにしても原油の動きは小さいのにガソリンが日足の-2から3Σまで動くかぁ?結局製品は国内の事情のほうが優先されるんだろうなあ@@
スポンサーサイト
07/31|日計りアタフタ日誌コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
NEC_0108.jpg

前場のガソリンはひたすら戻りを売られる展開でした。
私もちぐはぐながら売り続けました。

9:00~11:00
9:00~
原油指値に達せず
金ミニ金、状況が好みのモノと違ったので見送り
9:10~
それまでは下がっていたものが先が出ると戻り始めた。
ため息をつきながら先の節値のひとつと目していた750を突破するのを見送る。次は920かとひとりごちに思っていると1ティック抜け押し返された。戻って再度突破を試みるが押し返される。
こんなものか?@@
と先を売ってみる。また突破すれば損切りすればよし。
そのまま寄り付きの値を突破して安値を更新した。
9:20~
一旦縮小して様子をうかがうと不意に突っ込んだ。
日足先限繫ぎでの指標の数値に差し掛かるが、コレに関しては発会して日が浅いので軽視していた。そのころ金ミニ金に好機が訪れたので少しちょっかいをかけていた。
だからガソリンは底で何も出来ないまま押し返され慌ててマルにした。
更に値は戻る。
750で売ろうと待ち構え実行した。
ジリジリ下がりほっとしたのもつかの間値を戻し一瞬750を突破する。幸いすぐに押し返されたがまた750を扼する。
こんなところでもちあうのか@@
ぼやきながらSTを設定してたまごの立会いに出向き、戻ってくる。
9:40~
ガソリンは「もちあい」と目していた下のほうに来ていた。
縮小するか考えているうちに値を切り下げた。
まずさっききりそこなった日足レベルの数値で縮小。
今度は私を小ばかにするように更に突っ込んでいく。
確か日足先限繫ぎで360って-1Σだったよなあ@@
と思っていると390で止まって戻す。
戻りを売りそこない再度下値を取りに来て370に達したのを見てマルにした。
そして戻りを売りなおした。
10:00~
しばらくは安値更新を渋っていたがほどなく安値を突破。
立会い前に時間足レベルでは240あたりが-2Σだったなあ@@
と思い出しその手前で縮小。
更に少し下がるが押し返された。
210~370(ついさっき付けたばかりの安値~それまでの安値)
で動くかな?@@
と様子をうかがっていたが上抜けそうだったのでマルにした。

10:25~10:55
確かに思惑の値域からはみ出たがそのまま上に放れる様子もなく推移してまた想定域に帰ってきたので売ってみた。今度はじわじわ順調に下がっていく。安値というより立会い前の時足の数字を手がかりに縮小。そのまま下がって安値を更新した。
10:40~
これでたぶんそれまでの安値が上値になる展開になると思惑してもう少し粘る。
10:50~
高値に関する思惑は外れなったが値段そのものがあまり下がらない。
やきもきする中少し突っ込み安値大幅更新の期待が膨らんだところで押し返されそれまでの安値を再び上抜いた。
しぶしぶマルにした。

その後、上値に関する思惑だけは死守して前場を終えた。


序盤
仕掛けはよし、縮小は性急過ぎたがまだよいがマルに関してはいただけない。
前半
売り建ちは性急だったが考え自体はまずくはないと思う。
縮小は流れを見ていなかったとしか思えない。
マルはもっとひどい。
中盤
本来は前半の縮小しそこなったあたりで縮小して戻りを売り足して行くべきで新規売りになっている時点で手があっていないと思うのが自然。実際そう感じていた。
縮小に関しては適切。マルに関しては必ずしも適切とはいえないが微妙な調子の悪さを感じていたのだから仕方ないとしかいえない。
後半
中盤マルにしたから売り建ちだが、手があっているときならマルにしたあたりで売り足していただろう。
しかし、その後の縮小、撤退に関しては特にまずいところはなかったと思う。

どうも手が微妙にあっていない気がします。
それでもそこそこ取れたので後場は金ミニ金と原油に専念しようかと思っています。
07/31|日計りアタフタ日誌コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
NEC_0107.jpg

後場のガソリンは15時過ぎまで終始もちあい。引け前になって中物~先にかけて値崩れを起こしました。
後半売ってましたが値崩れ部分は見逃しました@@

14:20~15:20
後場の値動きを大雑把に捉えると前場後半の商いでマルにしたあたりより少し上を底、そのひとつ手前で縮小したあたりを天井としてもちあってました。
ですから放れたら切ればいいと後場高値をとりにきたところを売りました。
しばらくは高値でもちあっていましたがしばらくすると下がり始めました。
たまごの大引けを終えてしばらくして前場にマルにした手前にまで達したので縮小。あわよくば本日の安値に並ぶまで粘ろうと思っていました。
もうしばらくすると突っ込んで前場の安値を抜きました。
ココでマル。

ところが少し戻すと更に安値を更新して25ティックほど下がりました@@(あ~あ


欲張ればきりがないがもったいない@@。。。
07/30|日計りアタフタ日誌コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
NEC_0106.jpg

前場のガソリンは高寄りして6本出揃って上昇したのもつかの間、ほどなく頭打ちし、その後は戻っては売られる展開が続いた。
久しぶり(?)にまともに売っていました。

9:00~35
9:00~
原油は指値が折り合わず、金、ミニ金は売り板がスカスカすぎて実勢把握できかねたので見送った。
9:15~
5番限の時間足レベルで抵抗が予想された価格(-1Σ)で5番が頭打ちした。
戻ったとしても売り基調は変わらないと思い込んでいたことまあって、
押して再度上昇を試みるが失敗、押したときの底を試したときから5番限を売り始めた。
寄り付きの価格まで下げて押し返されたところで縮小。
その後更に戻ったので一旦マルにした。

9:55~10:30
たまごの立会い直後、金ミニ金でチャンスがあったがたいした枚数も約定しなかったのですぐ処分した。
最近お世話になりがちな時足よりサイズの小さなチャートの短期移動平均を上抜けないまま推移して根負けしたのか下がりはじめた。
戻りを待って売った。
寄り付きの手前で縮小、一旦小さく戻して更に下がった。
下がったのもつかの間すぐに値を戻す。
戻しはしたが先ほどの縮小直後の戻り高値付近で頭打ちの様子。
その価格を試したときに売り足す。
しばらく膠着したがまた下げ始めた。
まずは用心して先ほどの突っ込んだところの手前で縮小。
そのままつきぬけ下がって行く。
立会い前の時足-2Σ(この時点では時足を展開させていないので正確な数値はわからない)に達したところで更に縮小。
相場はそんなことはお構いなしに更に突っ込み5番は千円単位での大台を割れこんだ。
事前のメモを引っ張り出し次の抵抗が予想される値を確認する。
3分後にはそれさえ一気に突破してさらに下がった。
利食いしたいが売り物はちょうどその節値あたりまでもどらないと見当たらない。
IOC注文つかえる会社で建ててないのを恨めしく思いながら手早く遠慮がちに売り気配と買い気配の中値付近に指値を出して誰かがとってくれるのを待った。
10秒足らずで成立、マルになった。

直後安値を更新して急反発した。

その後また金ミニ金を注意深く見るが全く手を出せずじまい。
ガソリンはマルにするひとつ手前に縮小したあたりを天井、マルにしたときに見えた売り気配あたりを下値に三角もち合いとなった。


序盤
仕掛けもその後の操作も問題ない。
マルにしたのが若干高値だったが仕方がない範囲。
中盤~後半
最近の動き、どの時間サイズと相性いいのか。たまたま使っているサイズと相性よいおかげで上手くいった。
売り始め、もしもちあったなら底値付近だ。
だから1回目の縮小は手堅くせざるを得ないし、戻りを売るのも少しだけ慎重になった。次の縮小が早いのもその心理状態がまだ続いていたから。別に悪いことではないと思う。
次の縮小は結果だけ見れば早かった。
しかし、その後の展開が切ったあたりが上値になっていることから早すぎたが見当はずれのポイントではなかったと負け惜しみする。
マルはこれ以上のところはなかったが、枚数が残っていれば縮小するだけにしていただろう。まあ、直後の戻りにビビッて切っていただろうけれど。


まじめに(?)ガソリンを商いしました。
だいたいおおまかな流れの思惑は外れなかったことと、思った以上に下がってくれたおかげで満足のいく結果を残せました。


07/30|日計りアタフタ日誌コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
NEC_0105.jpg

後場のガソリンは出だしは戻りはしたがその後は戻っては売られていきました。
出だし買い、道中売りに回りました。

12:30~13:30
12:34~
ミニ金が思ったより安く寄り付いたがすぐに戻した。
12:40~
5分ベースの中期、サイズの大きなほうの短期の移動平均線を上回ったので5番を買ってみた。さしあたっては様子見で5分での+1Σ、1分足の+2Σにさしかかったところで縮小した。
金ミニ金がまたあわただしくなってきたので建値にSTをセットして建て玉を維持する。
しばらくは後場の高値圏でもちあっていたが建て玉し始めたきっかけの移動平均線やもちあいのレンジ割れした際にSTにひっかかりマル。

13:30~14:10
マルになった後の戻りを売って先ほどのもち合い高値でSTをセットする。思惑としてはもちあい、ただしレンジは先ほどより安め。運がよければ下値をとりに来るだろうと思惑していた。
たまごの立会い直前まで金、ミニ金をいじる。
たまごの立会いが終わってガソリンを見れば大きく突っ込み戻っているところだった。
まず縮小。
STを引き下げた後また金、ミニ金をいじる。
だが、次第に板が厚くなりちょっかいをかけづらくなる。
たぶん下がる、そう思っていても金ミニ金は思惑での商いではないので片出し放置はしづらい。
ガソリンはそうしている間にもみるみる下がって前場の安値に迫り、押し返された。
ここでマルにした。

14:55~15:30
金ミニ金は会員さんがちょっとだけやる気になったおかげで手を出しても腕と端末の性能の差で一瞬の差で先に大きな注文を出されてはチャンスを逃してばかりだった。
しかたないのでガソリンに目を戻す。
安値を更新した後大きく戻していた。
5分の中期や大きなサイズの短期移動平均線を上抜けるかしら?それともダメかしらと見守っていると不意に1分間に10ティックの棒下げ。
あ、ダメだこりゃ@@
と戻りを売る。
大引けのたまごを挟んで戻ると本日の安値に迫っていた。
手前でまず縮小。
安値を更新したが押し返される。
その後はジリジリと下がっていく。
で、引け前に安値を更新。
粘って引け直前に落としました。


序盤~前半
やはり2銘柄以上同時にしかも動きもやり方の違うものでは片方がどうしてもお留守になる。
いま見ればもっと早い段階でドテンできていたのではないかしらとも思う。
中盤
売りはまあ良くも悪くもない。ただ流れが味方してくれた。
縮小、マルの判断は妥当だが、やはりタイミングが少し遅れた。
後半~終盤
売り始めの動機はあんまりだが、判断はけして悪くないと思う。
縮小、マルのポイントタイミングも今度は問題なし。
縮小後に売りなおさなかったのはやや消極的だったかもしれない。


07/27|日計りアタフタ日誌コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
NEC_0104.jpg

前場のガソリンは大きく安よりした後は値を戻して行きました。
今日は・・・ガソリン以外に狂奔してガソリンは道中1回買っただけです。

9:00~
9:00~
原油安@@♪
9:04~
金ミニ金今日はやりづらい@@
それでもやれないことはない。
9:50~10:15
序盤は原油とガソリンとたまごにかまっていてガソリンはまともに見ていない。
たまごが終わった時点で一息ついて戦況を見渡す。
ガソリン5番は安寄りして大きく戻し一旦値を消したが踏ん張っていた。中東の外電も安いが場が始まった後はそんなとこよりも目の前の数字。
大き目のサイズのイントラデイチャートでは-2Σ以上にようやく回復。5分足も短期移動平均を上抜けた。
目先は下げ止まったかしら@@
と思っていると上がり始めた。
これについていく。
が、もちあいの高値掴みした格好。ST設定して忙しくなってきた金、ミニ金をいじっていると噴き上がっていった。
高値更新手前で縮小、大きなサイズのチャートの長期移動平均の手前でマル。移動平均は少し抜かれたがそこで勢いは止まった。
押し目を買うかどうか迷ったが金、金ミニの動きがいい感じに思えたので追撃を断念した。

ガソリンはその後しばらくは高値でもちあいを続けたが後半押し返された。



序盤
為替や外電が安いことを受けて金や原油が値のつき方がかなり怪しかった。でも、どうにかなっちゃうものです@@
中盤
これは高値掴みした時点で切る考えもあったが、損失を決めて頑張ったらどうにかなった。いいか悪いかは微妙。
その後の縮小、マルの判断は適切。
後半
冗談抜きで金ミニ金は荒れていた。
目に見えてわかるチャンスがいくつかあったが注文入力と執行の速さの差で逃すこともしばしば。まあ、それでもちゃんとやれている。

・・・今日はガソリンしなくてもよかったなあ@@
07/27|日計りアタフタ日誌コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
NEC_0103.jpg

後場のガソリンはもちあいでした。15時過ぎには少し下げました。
あ~・・・ガソリン何にもしてないや@@

立会い前、前場安値を割れるかあてにしているサイズのチャートの長期移動平均を上抜ければついていこうと思っていたが・・・
先はともかく5番はどっちも抜けませんでした。引け間際になってようやく下に1ティック更新。
動かなかったら動かないで金、ミニ金すればいいやと思ったがミニは流動性に欠ける展開、特に13:45~14:26までまったく約定せず@@(あ~あ

・・・まあ、こんな日もあるよね?
07/26|日計りアタフタ日誌コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
NEC_0102.jpg

前場のガソリンは高寄りした後は下落。戻りを見せるものの売られる展開で上値を抑えられ10:30以降もう一段下がりました。

9:00~15
9時前いつものようにチェックをすると基準値が当限と本日発会の先以外は制限高、或いはそこまで行かずとも1000円高以上の水準がついていた。
WTIの外電が高いのは目にしたが手元チャート指標は
ふざけるなそこまで上げるはずがないと言い張る@@
9:04~06
一応節値となりそうな値をいくつか抜き出して金ミニ金を手早くちょっかいかけてすぐに逃げる。昨日ほどではないが今日のよりもそれなりにおいしかった。
9:06~15
目をガソリンに戻すと中物は踏ん張っているようだが当限は早々と下がり始めており、踏ん張っている月も9時前の基準値よりは安い。
5番、ここの基準値もかなり下がっていた。
大き目のイントラデイサイズのチャートをチェックすると+3Σが基準値の少し下だ。
高すぎ、売ろう@@
で、あっさり抜けた。
日足の中期移動平均に達した時点で縮小。
相場はお構いなく下がり続ける。
思った以上に弱い?@@
一気にさっきあてにしたチャートの+2Σを下抜け、長期移動平均に達し、1ティック抜けた。
そのまま下がるかと思えば戻り始めたので慌ててマルにした。

9:45~10:30
大きなイントラデイチャートの長期と日足の中期の移動平均線に挟まれるかっこうで動く。
挟まれると書くと狭い範囲に思えるが30ティック近くある。普段なら充分大きな値幅と感じる広さだ。
外電を受けて高寄りしたが流れは昨日を引き継いで下っと@@
ならばレンジの見当がついているのだから戻りを売ってレンジを上抜けば切ればいい。
そんなわけでまた5番を売った。
金ミニ金をいじりながら様子を見ていると
ガソリンは序盤の勢いはないがある程度の振幅を伴って着実に価格は切り下がっていった。
序盤にマルにしたあたりで縮小。今日の安値までは下がるだろうと憶測しているものの保険は掛けたい。
もう一段下げてさっきからあてにし倒しているチャートの+2Σと長期移動平均に達した。まだ今日の安値には数ティック足りない。
一度小さく押し返されもう一度試すがまた押し返された。
ここでマルにした。

10:40~11:00
また、さっきのラインに達した。
そこさえ突破すればもう20ティックくらいは、あわよくば確認できている重要そうな節値が40ティック下まで見あたらないのでそこまでと思いながらラインを挟んでの攻防を見守る。
すると思ったよりあっさり突破した。
が、ほかの月はまだ頑張っている。
とそのとき戻した。入れ替わって先が崩れる。
チャ~ンス@@
と戻っている5番を売った。
先が崩れたおかげかほかの月も追随。5番も止まらない。
問題はどこで縮小するか、
横の先を見ればもうすぐ1000円単位での大台を割れそう。
あれ、割れたら逃げよう@@
割れるや否や縮小した。
直後一旦押し返される。
勢いは下向きなので早ければ前場のうちにもう一段安あるかもと期待をかけ見守るがどうやら先ほどのが前場の安値になりそうな雰囲気。
時間も残されていないので妥協してマルにした。
結局さっきのが安値だった。

序盤
半分は賭け、半分は投機そんな仕掛け。
縮小は結果的にちょっと早かったがまあ仕方ない。
マルの判断は実行が遅れたが適切。
中盤
仕掛けは妥当。
縮小はもう少し早くして戻りを売るか、遅らせてマルしたあたりで縮小するか。売って程なくあった突っ込みで縮小して戻りを直すのが理想的。マルはわずかに節値を試したときに早めるか、とことん粘るかいづれかだろう。
後半
中盤逃げ急いだから建てた様なもの。
そうでなければ実際の商い以上に楽が出来ただろう。
縮小はまあ悪くはない。しかし、5分足の-1Σに達したあたりで切る選択もあった。まあ・・・価格として実際切ったあたりとは大差はない@@戻りを売らなかったが時間を考えれば仕方ないが、機械ならば売っていただろう。マルは残り時間とランチだろうと持ち越さないことを条件にやっている商いなのでまあ仕方がない。

後場は期待していたあたりまで下がるかどうか、
それとも中東も入電は極めて高いので反転して上値を試しに行くか・・・まあどっちでも動けるように準備しましょう。
07/26|日計りアタフタ日誌コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
NEC_0101.jpg

後場のガソリンは寄り付いてほどなくして強く早い上昇。
13時には息切れしたもののじり高基調のもちあい。14時以降はじり安基調のもちあいに変わったが13時以降は本日の高値圏で推移しつづけた。
序盤だけ買いました。

12:45~13:00
下げきらないまま先は前場にも書いた150を突破した。
ついていくと急騰。
一気に300まで運ばれそこで300枚クラスの板で上下を挟まれたものじきにもう一段高。
ひとまず縮小。少し押したものすぐ押し返して高値を更新し続ける。
1分足では+2Σに届かないものの大き目のサイズのチャートの中期移動平均、5分足の+2Σに達した時点でマルにした。

しばらくは押し目を買うチャンスをうかがうが1分足での短期移動平均を割れてしまったので長期戦を嫌って買いなおすのを止めにしてまた金ミニ金のほうに河岸を変えた。

後はガソリンに関しては冒頭に書いたように14時までは強めのもちあい、14:15に噴き上がって天井すると今度はじり安になった。
ミニ金は今日はどちらかかと言えばおいしい動きだったが特に引け15分前以降は目を疑うくらいおいしい状況だった@@♪


ガソリン
まあ、買ったのが上昇の初動だったので短期で思惑以上の戦果が上がった。少し考慮の余地があるのが300で厚い板に挟まれたところ。
縮小して放れについて乗せるかマルにしたほうが無難だったのではないかしら?この場合は実際に縮小した直前の噴き上がりか直後の押しで買ったことになる。
マルの判断は妥当。もし玉に余裕があれば縮小にとどめて利を伸ばす機会をうかがうことになるが、結果だけ考えるとマルにしたほうがよかったことになっているだろう。
金ー金ミニ
@@♪
07/25|日計りアタフタ日誌コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
NEC_0100.jpg

前場のガソリンは納会した当限以外は大きく下がり、多少値を戻した後はもちあいました。
途中から売りました@@

9:45~10:35
寄り直後。今日の金とミニ金はおいしすぎた。
その状況を見ていた人か、DDEで両者の板の変化を記録に残している人なら見ただけでわかるくらいくらいおいしい動きだった。それがしばらく続いたから自然とガソリンのチェックがお留守になる。
たまごの立会い準備のアラームで我に返るまでひたすら金とミニ金を追いかけていた。
たまごの立会い前後に急いでガソリンのチャートを更新させた。

思った以上に安寄りしたし、思ったより戻したな@@
いくつかのチャート指標を元によく下がって5150前後と立会い前には憶測していたのでそれより安寄りして突っ込み、その線をまたがって戻していたのはいつものこととはいえ苦笑をせざるを得ない。
さしあたっては戻る勢いも出尽くしたようなので戻りを売ってみた。
じり安のあとどうにか大台を割ったので縮小。
とりあえず安全確保した時点でまた金ミニ金に目を向ける。
今日は金、ミニ金の動きが大変おいしい。
寄り付き直後ほどではないが動きの鈍いガソリンよりも自然と注意がそっちにむかう。
ガソリンも引け値ベースでは5分足の短期移動平均以下で推移していたので戻りを売りこそしなかったがほったらかしにしていた。
そして戻り天井後の安値に並んで押し返された時点では戻ってる動きに反応できず、5分引け値で短期移動平均を突破したのを見てようやくマルにした。

その後も金、ミニ金にちょっかいをかけ続けた。


ガソリンの商いは見てのとおりザルになってます。
これは・・・手を引いたほうがいいかも@@
07/25|日計りアタフタ日誌コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
NEC_0099.jpg

後場のガソリンはじり安気味のもちあいで前半を終え、13:30を境に持ち直し、14:00以降上昇基調が鮮明になり戻していったが15:00を回ると値を消した。

あ・・・ガソリンは建て玉しませんでした@@


12:55~
戻りを売ろうと待ち構えるが思ったほど戻らず下がっていき機会を逸した。
14:00~
期近・・・というより中物が底固めを終え戻しているので買おうかと思ったが踏ん切りがつかず見送った
14:30~
先も上昇した。
押し目を買うかどうか迷ったが、上値を150よくて210くらいと考え見送り。しかし、この時点では売る気になれなかった。
15:15~
もはや上昇はしないだろうと思わせる展開。
しかしいまさら売る気にはなれませんでした。

・・・@@;;;
07/24|日計りアタフタ日誌コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
NEC_0098.jpg

前場のガソリンは先以外大きく安寄りしたあと先が出るまで戻していき、6限月そろうと下がって行きました。あとは10時まで戻りを売られる展開。それ以降は当限は底値圏にとどまったがあとは値をかなり戻した。
10時過ぎまでひたすら売ってました。

9:00~10:15
9:10~
高い@@
先はほかに比べて露骨に高いような気がした。
想定していたのは17日の安値を上値に下がって行く展開だったがそれより基準値は15ティック以上高く、寄り付きを売るとちょうど20ティック高かった。
で、210で縮小しようかと思ったが2分せずにあっさり突破。
更に突っ込み、戻ったところで売った。
安値に並んだところで縮小。
更新したが押し返され、売り乗せした玉が損しないうちにまた縮小。
そのまま210まで押し返されたのでやむなく一旦マルにした。
9:20~
マルにしてもう一度周りを見渡しいくらで売り直すか算段をする。
大き目のチャートの節目が350前後、340いや320で建てるか・・・などと思う間に300に達し、気配は320売り気配だがすぐ下がる。
約定はもう少し安かった。
さしあたって200を割った時点で保険と様子見で縮小。
そのまま切ったあたりで上値がつっかえる格好で値を切り下げた。
戻したところでまた売った。
9:40~
たまごからもどるとかなり安い。
日足の節目がこの辺だったけ?と思い出しながら縮小。
押し返されじり高で戻るが頭は戻りを売るほうに傾いている。
序盤の安値を眺めながらそれを若干越す戻りを売った。
再度安値に並ぶと縮小、更新したので運よく思ったより有利な値で約定した。
10:05~
戻り下げるが安値を更新しないまままた戻る。
日足の節値を抜け切っていないので用心して更に縮小。
直後更に戻り大台をわずかにのぞいた。
5分足では短期移動平均を上抜けた。
すぐ切るべきだったが迷った。
すると値が下がるがまたすぐに戻した。
それをみてようやくマルにした。


序盤
まあ、売った理由は単に高かっただけだが結果はよかった。
勢いに助けられたが乗せたところは余分。
縮小した2箇所でマルにまでもっていき高値で売りなおすのが本筋ではないだろうか?
前半~中盤
遅れはしたがマルにして売りなおした。
マルにしたところ以外の判断対処は無難かつ妥当だと思う。
マルはさっき書いたように迷わず切ったほうがよかった。
約定自体は大差はないが・・・



07/24|日計りアタフタ日誌コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
NEC_0097.jpg

後場のガソリンはもちあいでした。
途中からしばらく売ってました。

13:20~14:45
13:20~
後場寄りに金と金ミニにちょっかいかけてすぐに逃げた後はそれらも、ガソリンもしばらく様子を見ていました。
そうしているとガソリンはもちあいの様子。
1分足なら-1~+1Σ、5分足なら-1Σ~中期移動平均の間を行ったり来たりしていたので少し上にはみ出たところで売ってみた。
上手い具合に上がらず、もちあいの下値と思しきとこにきたので縮小した。
13:55~
たまごを間にはさんでもちあいの値域を切り下げたようで、その高値まで戻ったところを売ってみた。
思惑が当たり上げる力はなかった。
そしてたまごのあいだに更新した安値を更に更新してから戻す。
少し迷ったが縮小した。
14:30~
ミニ金に300枚クラスの板が数段にわたって現れやる気がなくなった。あってもアレでは私にはどうすることも出来ない。
ガソリンは相変わらずもちあい。期近は下げ基調だがほかはそうはみえない。
それでも安値でもちあっていることは動かない。
先が安値を更新したので縮小した。
すぐに値を戻しもちあう。
運がよければ水準が下がるかもと思っていると不意に少し噴く。
値幅は7ティックほどだがこれまでの動きからすればずいぶんと急な話だ。戻り高値かもしれないという意識もあったが1ティックづつ気配が下がったのを好機にマルにした。

その後、もう少し押したあと先はじり高基調に変わり、後場に売り始めた水準でもちあった。


中盤~後半
まあ後場のせまいもちあいの対応としてはこんなもの。
よくも悪くもないし、前場の利益を考えれば無理して仕掛ける必要もない。そういう意味ではやらないほうがいい商い。
07/23|日計りアタフタ日誌コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
NEC_0095.jpg

前場のガソリンは期近のみ高寄りしましたがすぐに値を消し下落。
ほかの月は下よりして仲良くひたすら戻っては下がっていきました。
私も途中まで売ってました。

9:15~10:00
先が出た頃には少なくとも急上昇は考えにくい状況でした。
日足以下のサイズのチャートを眺めて先は350前後で踏ん張れるかどうかと考えていたのでその支持を突破したのであればついていきます。まず売った。
すると崩れていき、縮小も乗せもできないうちにさっきの350の根拠になったチャートの長期移動平均を突破しようやく小さく戻しました。もう一度安値に並んだ時点で縮小。
9:25~
戻ったものの長期移動平均が今度は抵抗線に変わり上値重たそうなので売り直しました。
そして程なくまた大きく下がっていきました。
9:40~
たまごの立会いから戻ってみれば大きく下げたあとで横ばいになっていました。さしあたっては充分な値幅を確保できているので縮小。
日足レベルの移動平均まで達すればマルにしようとのんびり待っていました。
で、到達したのでマルにしました。

一時的にそのへんでもたついたものの、ほどなくそれも突破して更に下がっていきましたがそれに関しては全く手をつけずに金とミニ金で小掬い商いをやっていました。
切ったアトだけでも40ティック以上下がったのはさすがに驚いたが…


前場
贅沢を言えばマルにしたところを縮小するにとどめて移動平均突破確認後の戻りを売り直していれば、少なくとも玉を1枚でも残していればかなりの利益が追求できていた計算だが…結果論だけではすまないかも。ほかは無難に建ち落ちしているので問題ないと思う。
ただ、いつも以上に早く大きい動きだったので思ったよりも利益は大きい。後場は無理してリスクをとる必要はないので金のほうに力を入れよう。
07/23|日計りアタフタ日誌コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
NEC_0095.jpg

後場のガソリンはじり安気味でもちあい、14時以降3番限を筆頭に上昇。15時以降は押した。

14:25~50
たぶん戻り売り有利のもちあいになって14:30ないし15:00以降戻すんだろうなあ@@
と思っていたら実際にもちあった。
ほかの月はともかく先は値動きに乏しい。
ガソリンを横目でみながら金とミニ金の小掬い商いに専念した。
14時回ると3番を皮切りに中物が上昇をはじめた。
先はあまり反応がなかったが、2番までがが上昇をはじめると先は下がってはいないのだからだめもとで買ってみようかと先を買ってみた。
そして程なく期近も反転上昇を開始すると先にもようやく反応が現れてしぶしぶといった様子で値を切り上げる。
そして先が後場の高値に並んだ時点ですぐにマル。
金とミニ金に力を再度傾注することにした。

14時台の上昇幅は3番が50ティックを軽く超えた一方で先はわずかに12ティックの上昇にとどまった。

ガソリンの先の値動きを見るよりも金で小掬い商いをしたほうが今日に限ってはましに思えたのでそうした。

その後、3番は急騰のとがでか20ティック弱押したが先はあいもかわらず価格帯が変わっただけでもちあったままだった。


今日の後場は金のほうに力を入れていました。
実際に板画面しか見ていないので上がったのか下がったのかよくわかりません@@(ぇ 
ただなんとなく14時台後半は強かったような気がした。
一番大きくとった値幅でも4ティックだからあらかじめ決めた条件に従い反射的な商いを繰り返しただけ。
ガソリンに関しては3番の上昇に気がつくのが遅れていればおそらく何もしないまま終わったと思う。
買った根拠にしてもほとんど下がっていないからというものと3番がやたらに強いので連れ高を期待しただけ。そういった意味では仕掛けに強い根拠がないので持ち合いの天井になったので逃げただけ。
結果ももちあいだったから上手くいったように見えるだけ。
今日に限っては金に専念したほうが収益は上がったかもしれない。

07/20|日計りアタフタ日誌コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
NEC_0094.jpg

前場のガソリンは高寄りした後は戻っては売られました。
買ってました(ぁ

9:15~50
この時点では上昇するだろうと思っていた。
ただ、寄りが思った以上に高く寄り付き上昇したのでほっといたら大きく下がり、いくつかの指標に抵触したので買った。
リバウンドか大きく早く戻すがそこで頭打ち。
ようやく抜けたかと思えば押し返される始末。
一方期近は下がっていくのでその次戻ったところで縮小しました。
先も一旦安値を更新したがまた値を戻す。
しかしたまごを終えて戻ると値も戻っていた。
わずかに押したところを買い、戻り高値の手前で縮小、抜けることを期待したが押し返されたのでマルにした。

9:55~10:20
どうもこのところ期近についていきたそうにしながらもちあうケースがあったようなきがするので先はもちあうだろう。
売り中心で小さく刻もうと思った矢先に突っ込んだ。
先の安値の手前に達するや買い。
期近も下げ止まった様子なのを受けてか先も下げない。
そのまま上がるかと思えば押す。
膠着した後また上げる。
さしあたりさっき頭打ちしたあたりで縮小。
あっさりとはいわないが突破して戻り高値を目指すかなと期待したら押した。ここでマル。

10:35~11:00
やっぱり売り主体で刻めばと後悔し始めた頃
先だけが突っ込み安値を更新した。
ほかの月を一瞥くれた後すぐ買ったがスリッページは思ったより大きい。わずかに戻してまた下がるが期近は下げる様子はない。
しばらくまっていると期近が上げた。
釣られて先もわずかにあげるがすぐに頭打ち。
少し逡巡の後縮小。
様子をうかがう。
結局先はそのとき付けた高値を抜けそうになかったのでマル。
わずか数ティックの小掬い商いになった。

前半
買ったところはまだしも乗せはうかつ。縮小に関してはどちらも適切。マルは少々短気なきらいがあるのは高値掴みの買い玉影響。対応は決してほめられないが結果はよかった。
中盤
いくつものチャート指標から抵抗が考えられる値を背後に控えていたから買った。縮小は適切、マルも妥当。しかし、建てる前に感じたように売り主体のほうが流れに沿っており楽だったはず。
後半
本来は売り玉を手仕舞うはずのところでの買い建ち。
そうした意味合いではわずかとはいえ戻ってすぐのところで縮小しなかったのはよくない。
結果的に下げなかっただけで流れが下向きなのは私自身感じていたのだからこの行動は不適切。
その後の縮小やマルにしたあたりはもはや選択の余地が少なかったから選ばされただけで主体性がない@@
条件反射での対応が利益を確保して損を防ぎ、拡大を防止することでかろうじてこれまで生き延びてきているのだからマルはともかく今日みたいに流れに逆らってる自覚が強いときには縮小はせこくてもかまわない気もする。
07/20|日計りアタフタ日誌コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
NEC_0093.jpg

後場のガソリン相場はもちあいでした。それでも前半はやや上昇、後半はじり安でした。
中盤少し売りました。

14:10~35
序盤、前半とまったく何も出来なかった。
序盤は買おうかと思ったときには噴き上がり、前半は買いたいがチャートの複数の移動平均や前場後半の戻り高値で止まるんじゃないかと疑念があってな~んもできませんでした。
それでも14時を境に頭をうったかしら?とおもえる節があった。
売ろうかと思い、よければもちあい、悪ければ上昇前の押しと考えじっと待っていると少し戻したときに売ってみた。
ちょうど戻りを売ることができ、わずかに安い水準で膠着。
更に少し値をさげたところでもちあいの下限と主観で断じて縮小。
ただ、今度は少し下に後場の安値や各種チャートの長期移動平均線が複数待ち構えている。
それらに達するまで粘るか、それともさっさと切るか。
少し考え残りもさっさと切りました。

その後、先は切ったあたりで膠着したがしばらくすると一段値を切り下げて後場の安値を3ティック更新したあと底値圏でもちあった。


まあ、やってもやらなくてもいいような内容。
金に関してはS社のアプリを利用しますかそれともすっぱりあきらめるか・・・S社の手数料ならば入れ食い状態で証拠金と建て玉制限の限り建てたってかまわないと思わせるが、そうするとほかの銘柄が身動き取れなくなるのが悩みどころ。
資金効率だけならFXで低レバレッジで高金利通貨を買って円を売ったほうがマシかもしれないが^^;;;
07/19|日計りアタフタ日誌コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
NEC_0092.jpg

前場のガソリンは高寄りして一旦押し、先まで出揃うと上昇。しかし早い時間で頭打ちすると中物と先はもちあい期近は下がっていき、10時過ぎには一段と加速がつきました。
私はず~~~っと売ってました♪

9:00~11:00
9:00~
例によって金の残玉の整理に追われたが、今日はあっさりけりがついた。利益は微々たる物だが思わずニヤリとほくそえむ。
9:20~
初動の上昇の起点が高すぎと感じ何も出来ないまま上昇を見送った後押した。
事前のチェックリストとつき合わせた上でかるく戻りを売ってみた。
売った直後に戻り高値をつけるがそれ以上は上昇せずに少し下でもみあい、少しだけ安くなるとすぐに縮小した。
・・・
10:15~
先はなが~い膠着状態が続いていた。
しかし、一方で期近は下げ止まる様子がないのでじ~~~っと待っていた。不意に先も下がった。
チャートを確認しなおして突込みでの手仕舞いをやめて戻りを待って売った。
すこし足踏みをしたあともうひと突っ込みして寄り付きの価格まで押し下げたところで縮小。
戻りを売るかどうか迷ったが見送った。
10:30~
程なくもう一段下がった。一気に20ティックの突込みだ。
ただ、下がるならもう一段下の5分足の長期移動平均やもう少し大きなサイズのチャートの中期移動平均の手前を取りたいので縮小のみにとどめた。

また戻りから突っ込むが期待ほど下がらない。
マルに出来ずにいると値を戻す。
10:45~
ふと金ーミニ金をみるといい感じの板になっている。
仕方ないのでSTセットしてミニ金と金を手早く操作して小掬い商いでさっさと逃亡する。
10:50~
幸いといえるのか戻っているがSTには引っかかっていなかった。
そしてまた突っ込んだ。今度は期待通りの手前までは迫ってくれたので妥協してマルにした。

その後も安値をさまよい安値で引けた。


序盤
気になっていた宿題がようやく片付いてほっとした。
前半~終盤
前半
この時点では長々と売りで居座るつもりはなかった。
あくまで売って少しとって、ダメならすぐ逃げる気だったからその線においてはまあ妥当な対応。
期近の下げが鮮明になったので連れ安を期待して居座ることにした。
中盤
何もしなかった。
先の動きからすると妥当な対応。
じたばたしても仕方がない
後半
突込みからの戻り売り。
チャートの重要な指標性では劣るが各種の短期線の支持を失ったので連れ安期待で追撃した。
縮小後の戻りを売れなかったのはまだまだだが仕方がない。
縮小は切った直後目先の底と戻りを見せて短時間ながら膠着が確認できるのでまあ妥当だったと思う。
マルにするのをためらった場面だけはよろしくない。
アレだけは即時に切るべきだった。
結果としては利を伸ばせたが、そういうことは戻りを売った人間が言うことだろう。戻りを売れなかったということは底かもしれないと懸念していたからに違いないから。
あと、金とミニ金はぼやきながらもチャンスがあればつい手を出してしまう。よくない傾向だ。S社のアプリの安定性に信頼が置けるのならばもっとリスクをとって積極的にやってもかまわないのだが・・・
07/19|日計りアタフタ日誌コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
NEC_0091.jpg

後場のガソリンはやや軟調なもちあいでした。特に2番はジリ貧でした。
私は中盤少し売りました

13:20~14:40
後場より、ガソリンに目移りしたとたん金のほうで自分の望んでいた状態に変化したが気がつくと一瞬で消えた。
う~ん・・・@@
気を取り直してガソリンを見るがなんとも言いがたい。
さしあたっては5分足の長期やそれより大きい時間サイズのチャートの中期移動平均に頭を抑えられていたからおそらく売りかしらくらいに感じながらず~~~っとみていたらじり安が続く。
不意に小さく突っ込み、そして戻した。
そこで売った。
前場の天井うち後の安値に並ぶとまず縮小。
調子よく下がったのもつかの間で値を戻す。
金を眺めながらあまり動きのないガソリンを監視する。
長らくは建値から少ししたでもちあったあと久しぶりに前場の天井うち後の安値を下回ったのでマルにした。

その後もあいかわらずもちあっておわった。
引け間際に金でいい感じの状態になったので縮小したーまだ玉が残ってる@@

まあ、仕掛けは無難なせん。縮小も結果はやや早かったが適切。
マルにするのはゆっくり待つかもっとさっさと落とすべきかで考えが割れるかもしれないが、割り食ってでもさっさと落としたほうがよかったと思う。

07/18|日計りアタフタ日誌コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
NEC_0090.jpg

前場のガソリンは高寄りしてしばらく押したが先が出て程なく上昇開始。その後は期近中物はひたすら上昇、先は下げないが上値が限定されて推移。
10時前に期近で頭打ちすると期近中物ももちあいその下値のほうで引けた。
前半は買って、後半少し売りました

9:15~55
下がると思っていたものの期近が高かった。
押してはいたもののそれで高い。
そして先が想定していた高値付近で始まり上昇した。
一旦押し、安値を更新したが反転、噴き始めについていった。
少々高値を掴んだがその後の上昇に救われる。
期近はそうでもないが先は9:30には早々と勢いがなくなる。
ひとまず縮小。
突っ込み、反発して先も高値を更新したようだがたまごの準備中で気がつかない。戻ると下値を確認中。
戻って高値の手前にくるとその辺が5分足での長期移動平均やそれより大きなサイズチャートの中期移動平均に差し掛かるのでのマルにした。
期近が上昇を続けていたので早まったかなとも思ったが先は高値でもちあい高値を更新したのもずいぶんたってからだ。
で、その高値を更新すると期近と一緒に押したのだった。

10:35~11:00
その後戻して高値でもち合い。
先はいまごろ高値を数ティック更新したが期近中物は下げはしないが明らかにそれまでの勢いはない。
そんな折各月ともに押した。
先に関してはさっき仕切ったときの移動平均で頭を抑えられている感じでもあり、5分の短期移動平均を割ったので戻りを売ってみた。
しばらくはこしゃくにももちあいそして突っ込んだ。
5分の中期線に達したので縮小。
突破したので更なる下げを期待したが一旦少し戻してもたつく。
もう一度安値を試すが抜けたがすぐ押し返されたので時間もわずかなのでマルにした。

序盤~前半
金の処分を試みようと思っていたが値が折り合わず断念。
納会まで持ち越す羽目になりそう。
まあ、そのおかげでガソリンへの対応が若干遅れた。
運には助けられたが対応は無難だったからガソリンは問題なく処理できた。
後半~終盤
まあ、これは流れを推し量る意味合いもあるので突っ込みでマルにしてもよかった。しかし、勢いを一瞬でも見せ付けられるとやはり欲が出てしまう。まだまだです。

金・・・特にミニの買い方はちゃんと取引概要と価格を把握しているのかしら?・・・まあ愚痴ですけどね@@

07/18|日計りアタフタ日誌コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
NEC_0089.jpg

後場のガソリンは下げた後底練り、当限は大きく値を戻し、ほかの月も後場寄り前後まで値を戻しました。
前半に売り1回、後半に買い1回しました。

13:15~20
序盤は金・ミニ金のほうに注視して持ち越しー可能なら日計りたいがーの玉を建てた。
流れはもち合い、あわよくばまだジリ貧を期待して戻りを売った。
しばらくはもちあいが続いたがたまごが終わってほどなく突っ込み、指標も5分足で-2Σを超えたので縮小。
戻りを売るかどうか悩んだが結局動かず、更にしばらくして更に安値を更新したのに乗じてマルにしました。
まあ、直後にもうひと突っ込みあり、それが後場安値になったが@@

14:45~15:00
14:30には5分足で短期移動平均線を突破したので売れないなあ@@と思っているとサイズの大きなチャートでも短期移動平均や-1Σを上抜けて、押した買おうかと思っていたら噴き上がった。
ざっとチャートを見直して飛びついて買った。
買った直後からしばらくはもたついていたが更に噴き上がっていき、先は後場高値を目指してぐんぐん戻していく。
さしあたりは前場後半に買ったあたりまで戻した時点で縮小。
そのままつきぬけ後場高値を更新。
その直後の押しに、一気に押し返されるのではとビビッてマルにした。
まあ、どん底は掴まなかったがこの下げがこれ以降の底値となった。

以降は高値でもちあい本日は引けた。
私はまたチャンスを見繕って金の建て玉を増やした。
この金に関しては建った時点で利益は確定しているものの可能な限り速やかに落としたい。


序盤
金のほうに注視してなかったらガソリン買って曳かされてたたかもしれない@@w
前半
仕掛けた考え方、タイミングは妥当。
もう少し縮小、直しを道中に挟む余地はあったと思うがまあ無難な対応。
後半
出遅れは否定できないが仕掛けるポイントとしてはまあ及第点ぎりぎりのところ。縮小は無難だが、明らかにマルは釣られている。
短期だろうと移動平均を割っていればまだわかるがこの局面では割れてはいない。
終盤
調子にのって金の枚数を増やしすぎた。
まあ、損はしないからいいけど証拠金使っている分だけ流動性が落ちる。
07/17|日計りアタフタ日誌コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
NEC_0088.jpg

前場のガソリンは中物までは高寄りしましたがひたすら下がっていきました。
序盤ちょっと買っていたりします@@;;

9:10~15
中物、期近が高寄りして下げていたのでこの時点では突っ込み買えばいいだろうと思っていました。
ただ、先の寄り付きは700円台だろうと思っていましたがそれ以上に安い値。
確か日足レベルの節値が・・・@@
と思っていると下落劇が始まりました。
チャートを日足よりは小さいものに変えて買い支える場所を特定。
買って、わずかに下げ反発したのでしてやったりとほくそえみつつ縮小の作業を始めると下落、あわててマルにしました。

9:30~10:15
想定していた支持線をことごとく突破されたので、下がるはずないと想定していた数値にシナリオを修正して戻りを売った。
売ったあたりで膠着。
たまごで目を離しているうちに下げて、戻していた。
そのまま膠着しているので意識は金ミニー金のほうに移りがち。
10時を回ってしばらくして突っ込んだのに気がついた。
金の表示を消してガソリンに集中する。
チャート指標はそうでもないよとささやくが、さしあたって20ティックも取れたし、充分突っ込んだと判断したので縮小。
更に下げ一旦戻り縮小した価格を抜いてまた下がり安値を更新して大台を割った。ココでマル。
ところがまだまだ下がっていくのだったw。

10:25~10:55
寄り付き当初ココまで来るはずないと思っていた日足レベルの中期移動平均線を突破した。
「お前にはまだ早い!!@@」(北大路欣也風に)
と買い向かう。
更に下がる。
早まった?@@
と思ったが値をすぐ戻して押した。
とりあえずは値洗いはプラスだ。
と気を抜くとあっさり引かされまた値を戻す。
あ~~早まった。よくて底練りだわ@@;;;
そう思ったので戻り高値を抜けるや縮小。
少々曳かされて切ったとしてもこれで差し引きはプラスに持っていけると様子を見る。しかし高値をなかなか更新しないうちにジリ貧。
建値まで押し返された時点でマルにしました。

序盤
まあ、買った値が安く、早く逃げられただけまし。
前半
仕掛けは適切だが、注意が散漫なのはいけない。
やはり私に2銘柄同時監視は荷が重い。
縮小、マルともに早すぎ。
後半
買うとしたら自分自身が買った前後に前場安値を付けてはいるものの適切だったかといわれると考慮の余地はある。
流れに逆らってまで買うとしたら少なくとも下げ止まったと判断できてからの押し目や突っ込みを狙うのが本筋だと思う。
それでも買った位置が低くて高い位置で縮小できたから損はしなかった。

同じことを以前にもぼやいたがやはり2銘柄同時に商いーしかも値動きも商いの考えかたもまるで違うものをするのは荷が重たい。
単純に能力がないということか…
07/17|日計りアタフタ日誌コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
NEC_0087.jpg

後場のガソリンは期近は上昇、先はじり高でした
一応買ってましたが先でした。

12:40~13:05
期近、中物の様子から昨日と同じような期近高先もちあいになるだろうなあ・・・と思っていました。結果はそうなりましたがこの時点ではまだわかりません。
さしあたっては出遅れている先を買いました。
ただ、思い違いはいやですから少し上げただけですぐ縮小。
更に少し上がって一段高を期待したがとりあえず一服した様子でジリジリ下がっていくので仕方なくマル。

13:25~15:25
13:25~
期近が出戻っているのと先自身も踏ん張って持ちこたえているのを手がかりに押し目を買った。
悪くとも先はもちあいだろうとのんびりもち合い高値を待つ。
13:55~
期近ほど先は伸びていないがそれでも後場高値に並んだので縮小。
期近は高値をジリジリと更新していく。
14:10~
14時前後を境に全ての月が押す。
さしあたってレンジが10ティック余りでは私の使っている1分足の指標は役に立たない。それでも先が5分足で-1Σを下抜いたので買った。
14:30~
またもちあい高値にならんだので縮小。
更に上昇して5分足で+2Σを超えたので更に縮小。
一方期近はじり高をつづけ先とは比べ物にならない上昇幅を見せている。
15:20~
その後、先は持ち合いの高値圏でもちあっていた。
一方期近はー特に2番はーじり高を継続して1時間で40~50ティックもの上昇を見せた。
こうなると馬鹿らしくて売る気はしない。
しかし、先は上値が中盤縮小した局面で付けた値を抜けないでいる。
で、ここにきてその手前までようやく戻ってきたので当限が15時以降頭を抑えられていたこともあり、妥協してマルにした。

引けは先は押したが2、3番は一段の上昇を示した。


序盤
まあ、無難な対応。しかしせこい。
中盤以降
とりうる対応としては上出来のほうだとは思っている。
それでも値幅が狭いので利は薄い。
3回目の縮小後の押しを買わなかったのは別に悪くはないが買ってもよかったかもしれない。

まあ、先に関しては天底17ティックだからこんなものだろう。
07/13|日計りアタフタ日誌コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
NEC_0086.jpg

前場のガソリンは大きな値幅の間を行って来て、来すぎて戻って・・・日計り族の目にはそうは写らないかもしれませんが持ち越す方からすればもちあいの動きでした。
結構じたばたしました

9:00~15
当限以外は安寄りして下がっていた。
迷いは多少あったが5分足やそれより大きなサイズのチャートでの中期移動平均をことごとく下回って寄り付いたので先を売った。
が、すぐに止まった手応えを感じ縮小、スリッページは小さくない。
そのまま寄り付きをぶち抜き損きりした。

9:20~30
下値確認後の噴き上がりについていけず、押し目を待って買った。
高値更新で縮小、その後の押しで1分足の短期移動平均を割れるや否や逃亡。

9:40~10:05
たまごの立会いから戻るとチャートは重要な移動平均を試している最中。数字を見れば節値のひとつと記憶している数字と一致。
即座に買った。
ただ、状況確認が不十分だったのでリバウンドで止まるや即座に縮小して状況確認をする。
そしてしばらくはそのまま買い玉を維持することにして様子を見ることにした。
しばらく膠着したあとじり高。
しかしすぐに頭打ち。ちょっと押したと思ったら次の瞬間には建値の手前に迫ってきたので慌ててマルにした。

10:15~35
複数のチャートの中期移動平均と長期移動平均が集中しているあたりまで下がってきた。
一旦少し戻してからまた試してきたところを買った。
リバウンドで戻ったのもつかの間すぐ値を消す。
ココで一旦マルにしてドテン売り。
ジリジリ下げていきそしてちょっと小さく突っ込み安値に並ぶ。
ココで縮小。
安値更新はしなかったが戻ってすぐ値を消しまた下げたときにはあっさり突破した。
そして利食いをしようとすると不意に戻したので手を止めた。
片目は板を、もう一方で手元のノートとチャートを見比べ5分足より大きなサイズの長期移動平均線に達するや否や逃亡、5分足でも-2Σを大きく逸脱していた。

一旦戻した後更に安値を更新したが、それが前場の底となって反転、急上昇。そのまま上昇していき前場は引けた。


序盤
まあ、損切りがきちんとできただけまし。
それ以上は言っても仕方がない。
前半
まあ、少々危なっかしいが対応としては誤ってはいないと思う。
中盤
確認より先に建てたのは性急だがその後の対処は適切。
マルにするのが・・・というのは愚痴でしかない。
後半
ここで建ち落ちしたあたりが寄りの下げの前の天井であり、底打ち後の戻り高値なので今は間違いなくターニングポイントだったと確信している。損きりにはならなかったー1ティック抜けたw-がドテンの判断は絶妙・・・というより天井うち以降下向きのながれだから重要指標が重なるここで変なちょっかいで買ったのは仕方ないがダメと思って立場を変えたのは自然なことかもしれない。
乗せられなかったのは残念だが、縮小、マルは適切なポイントでできたと思う。

07/13|日計りアタフタ日誌コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
NEC_0085.jpg

後場のガソリンは高寄りして一旦押した後は押し目をつけながら上昇した。
買ってはいましたが手は合いませんでした@@

12:30~50
後場の立会い直前、期近の基準値が前場の引け値よりはるか高い位置ーそれでも前場の高値には及ばないがーにあった。
UAEの外電は相変わらず安いままだし何かの間違いだろう?@@
と思っていたら実際その価格で約定して下げはじめた。
下がってはいるが言うほど大きくも速くもないと感じていた。
一方先は前場引け値より基準値が低い。
5番も高寄りしたが先は反応なし。
少し恐る恐る寄付きから先を買った。
するとそれまで押していた各限月が反転、上昇を開始した。
先も釣られてあげていく。
頭の中のイメージとしては前場序盤の各戻り高値付近で抵抗にあって850くらいまでいったらもちあうだろうと大雑把に考えていた。
その戻り高値のひとつを越えた頃1分、5分足ともに+2Σ突破。
まず縮小。
押して上昇の継続を期待しているが先はそれほど強くなく、1分足ベースの短期移動平均線を割れ込んだので用心して逃げた。

12:55~13:05
先が押して5分足の長期移動平均線やもう少し大きいサイズのチャートの中期移動平均を試しにかかったところで買った。
おそらく期近は上昇して先は緩やかに上昇するかもちあうだろうと思惑していた。
ジリジリ上げていくが上は重たい。
さっきの高値の手前に売り方がてぐすねひいて待ち構えているので一旦縮小。少し下がる。
目の前の売り物のほとんどが小掬い商いの利食いか、さもなくば見せ板だろうとは思っていても思い違いもある。
逆行したらどこで切るかと悩んだのでわずかに下げたときにすぐ切った。

14:00~30
さっき切って程なく上昇して先は840まで達した。
その際私は全く何も出来なかった。
一旦押し、戻り、再び押してきた。
さっき買い直しの判断に使った移動平均まで達したので買ってみた。
少し上がるが買い物がついてこないので縮小。
押して膠着。
また少し戻すが期近はともかく先は上昇の望み薄と見切りを付けて損切りした。
程なく少し下げ、反転して上昇して再度後場の高値をとりに行った@@

2回も同じような失敗が続き今日は商いの継続を断念。
記録だけ残していく。
期近は13:30から14:30まではもちあったがその後上昇に加速がつく。先もおこぼれに預かって上昇。15時前には850を達成。一旦押したが高値に戻って膠着、910まで上昇したが引けに値を消した。


序盤
ココだけは問題なし。対処も無難。
前半
仕掛けた位置はベスト。落ち玉はタイミングが早すぎた。
明らかにビビッていた。
中盤
仕掛けは可も不可もなくといいたいが、後から見れば早すぎたからこそ根負けして中途半端に落ち玉したのだろう。前半とともに心構えがまるでだめな商いと思う。
そう思ったのでこれ以降本日は玉をいじることをやめた。

07/12|日計りアタフタ日誌コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
NEC_0084.jpg

前場のガソリンは高寄りして値を消してそのままさがっていきました。9:30前後にひとまず下値を確認すると戻して期近はその後は下落、先のほうはもちあいました。
ず~~と売ってました@@

9:00~25
チェックを済ませて
高い@@
と感じました。
だから先を寄りから売りました。
5分足よりサイズの大きなチャートや時間足などであらかじめ調べておいた節値と見当付けたところで縮小。
たまたま1ティック下で底をつけ急反発。
これ以上戻ったら利益確保しなきゃなあ~@@
とのんきに考えていると下落、一気に安値を更新して少し戻した。ココで売り乗せ。
更に下がる。
事前のチェックに基づき縮小、更に安くなる。
5分足で3Σ再度突破ー一度目は初回の縮小とかぶっていたーしたところで更に縮小。
戻り、また下げ、安値の手前でまた戻り、戻り高値を抜き1分足で短期移動平均線を抜いた。
まだ時間が早いので下がるとは思いつつもマル。
見事に戻り高値を掴みました@@(あ~あ

10:00~15
その後、先は安値を6ティック更新して底うちした後上値を確認していた。どうやらさっきマルにしたあたりが戻りいっぱいらしい。
みているうちに戻る勢いはなくなった。
さげなくても少なくとももちあいだろうと見当付けて戻りを売った。
上がりはしないがなかなか大きくさがらない。
期近はじり安のようだが今日は先が粘る。
とりあえずは少し下げたところで縮小して、戻りが建値に並んだ時点でマルにした。

10:20~45
通いか運びか
期近を見る限り下げの運び継続のような気がするものの先は戻していた。
悪くても逆向きの運びにはならないでしょう?@@
と、底うち後の戻り高値を更新したときに売ってみた。
まあ、それ以上は上がることなくすんなり下がってくれた。
ただ、もち合いと仮定した場合の下値手前に買い物がいっぱいあったので手前で縮小。
わずかに戻して期近と仲良くじり安。でも下げ幅は期近のほうが大きく見える。
先も5分足ベースで-1Σをようやく突破して本格的な下げになるかなと期待したところで戻り、
結局先は通いなのね@@
とぼやきつつマル。

その後期近は下げたが先のほうはもちあいの上値を試した。

序盤
単純に高すぎと感じ、期近中物も下げていたからついて行っただけ。
流れが思ったよりもはるかに大きく速かったから大きな利益になっただけ。縮小、乗せはよし。マルは。。。結果として釣られた格好だがまあ仕方ない。でもぼやく。
中盤
どちらかといえば運びを期待しての戻り売り。
ただ念のためー通いだとまずいので縮小、損きりが早め早めだったが結果として念のためが功をそうした。
後半
通い、あわよくば運びに発展してほしいとの思いでの売り。
縮小、マルどちらも無難。
結果から見てもタイミングは少し遅れがちだったが適切な対応だったと思う。

後場はこの下げがそのまま継続するか、一旦上値を試しに来るか、もしかしたら私みたいにうかつな売り手を担ぎにくるか・・・さて、どうなるかしら。

07/12|日計りアタフタ日誌コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
NEC_0083.jpg

後場のガソリンは一度下値を試したあと上昇、13:30過ぎまでは勢いに差はあれ各限月ともに上昇。14:00前後で天井して押す。15:00を回ると期近と先で明暗が分かれ、期近はその後も押し目を付けては上昇を続ける一方で先のほうは上値を抑えられて下値を試したがどうにか踏ん張り、多少戻した。
中盤は買い、後半は売っていました。

13:30~50
それまで期近は上昇しているように感じたが先はもちあっているように見てた。期近で押しが来ると先も釣られて下がるが期近が上げても先はなかなか上がらない。
それでも先のほうも下値はとりあえず確認しただろうと思惑して上昇過程の押し目らしいところで買ってみた。
すると思ったよりも数ティック下がる。
釣られてはんだんあやまったかと思えば上昇、正直気が滅入る@@
たまごの立会いを挟んで戻ると意外な上昇をしている最中だった。
さしあたって5分足での+2Σに達したので縮小。
1分足での短期移動平均まで押して反発を期待したが期近は上昇を続けているのに先のほうは下がり始める。
先が1分足での中期移動平均まで一気に値を消したのでマルにした。


14:05~15:00
期近は上昇を続ける一方で先はじり安調だった。
正直なところ買い玉を片で持ち越す気は月曜日の朝には失せていた。
そう思って眺めなおしてやればもうひとつシナリオも思い浮かぶというもの。まあ、単純に目の前の数字を追っかけていっても対応は同じになるかもしれないが。
先はすでに1~2Σを維持していた相対的に時間枠の大きなチャートでは1Σを維持できなくなっており、5分足での中期移動平均を割れていた。
期近は珍しく押していたが先の価格は膠着していた。
少し考えてから売った。
一度瞬間的に建値以上に価格が戻ったときもあったが先は戻る様子を見せない。
そうこうするうちに次第に値を切り下げて天井うち後の押し目底の手前に迫った。今回は1分5分足ともに-2Σに達したので縮小。
すると急反発。
かろうじて建値には届かなかったが手前まで押し返された。
切ろうかと思えば今度は突っ込みさっきの安値に並ぶ。
少々いらだっていたかもしれない。直後また急反発して値が戻ったときに売り足した。するとまた下がった。
ココに来て期近も押しているようより下げてるように見えたのでもう少し粘ることにした。
それでも後場の安値を更新するとまた縮小。
先は後場の安値圏でもみあうが、前場の天井直後の押し目底を抜くことが出来ない。そうこうするまにたまごの立会いがせまり準備して行き、戻ってれば値を戻しており、しかも目をはなしている間の最高値でSTがヒットして落ち玉したあとだった@@

その後は売りの頭が抜け切らない一方で期近は上昇を再開、先も目の前の数字が上がりこそしないが下がらないのでどうすることもできなかった。

中盤
仕掛け、撤退ともに無難なところ
後半
仕掛けはともかく売り乗せは余分。ちゃんと縮小を挟めたからまだしも、マルにした価格は乗せた価格より高い。
冷静さを欠いていたと思う
07/11|日計りアタフタ日誌コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
NEC_0082.jpg

前場のガソリンは当限以外は若干安寄りし、先が出るまでは少し下げて下値を確認した後は上昇していきました。
序盤・・・売ってました@@

9:15~30
目先は上値を確認するようだ。
寄り付いた価格が微妙だったので先が出た後も様子を見ていた。
本格的に下がるならココを割れなければというような水準を一度も付けることなく日足レベルで節目になりそうな価格まで上昇した。
勢いはいまだ上向きだがフライング気味で売るとそのまま曳かされたので慌てて切った。
直後天井らしい噴き上がりと下げ。
切ったとこより下でまた売る。
下げ、戻し、下げ、下値を抜けないまま戻り高値を抜いたので損きりした。

9:35~10:05
もう一度計画を見直し、上昇しそうな場合のシナリオに沿って押し目を買った。
買ったはいいが更に少し下がる。
落ち目を買ったかと冷やりとするが値を戻した。
たまごを挟んで戻ると一度高値にならんだ様だが押し返され、たまごの立会い前より若干下がっており、これ以上下がるようなら値洗いもマイナスになるところだった。
落とす準備をしながらモニターを見ると運にも恵まれちょっと噴いた。5分足で+2Σを試したところで縮小。
わずかに押すとそのまま高止まりして膠着。
少し考え買い足す。
膠着状況から中物に釣られたか少し上げ1、5分で2Σをまた試したところで縮小。
押し目らしい押し目もつけづに更に上昇。
5分足でまた2Σを試したところで縮小。
更に上伸して押す。
買い足そうか考える間にまた上昇してまた2Σ。
縮小・・・といきたいが残玉はすでに1枚、マルになりました。

10:20~30
マルにした後1分足での短期移動平均を割れたので買い直さず様子を見ると中期線も下回った。
まあ、1分足はタイミング判断用だからと5分を見るとこちらはほぼ同値だった1Σと短期移動平均に差が出てきて移動平均が微妙に下げており一瞬価格がその両者を抜いた。
流れは買いだとは思っているが威力偵察のため売ってみた。
とたん時間の区切りのせいで価格は変わらないが移動平均が下がり、価格が移動平均を上抜いた格好になった。
う~ん・・・早まった?@@
切ろうと操作を始めると私をおちょくるかのように値が下がった。
さしあたっては1分足では-2Σに達したので縮小。
もしかしたらこのまま下がるかしらと思ったとたんに反転。
1分足の短期移動平均を上抜けた時点でマル。
そのまま値を戻し、5分足の+1Σまで戻った。

その後先は5分の短期移動平均と+1Σ間でもちあってしまい、どちらかを抜けて安定したらちょっかいかけようと虎視眈々とまっているとそのまま前場が終わってしまった@@。


序盤
値頃はいらないということですね。
初手の売りはダメ、二手目は明らかに釣られている。
損きりした処置は妥当だが商いとしてはどちらもいただけない。
前半
まあ、序盤の失敗があればこそ素直に買えたわけだが思った以上の値幅を切取れた。道中の処置は無難。
中盤
これは・・・ちょっと積極的過ぎるキライはある。
ただ、建て玉後の処置だけは適切と思う。

後半見てただけは結果としては正しい。
積極的に商いするならばもちあいのレンジがある程度見当ついていたのだから片方に的を絞って刻む手もあったが・・・出来ませんでした><。。。
07/11|日計りアタフタ日誌コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
NEC_0081.jpg

後場のガソリンは、大雑把に下がったあと元の値段に戻った。
前半だけ売ってました。

12:40~50
ほかの月が安く、先も安いので売りました。
寄り付くと同時に前場もみあっていた5分足の2本の移動平均の下で始まりそのまま下がっていき、前場撤退する前に利食いをしようと思っていたあたりに到達したので縮小。
戻りが思ったより大きく1分足での短期移動平均を上抜いたのでマルにした。

13:00~25
価格が戻り、5分足で中期の移動平均線を試したのでまた売りました。で、さっきの安値を試したところで縮小したつもりでしたが、スリッページを思いっきり取られました><。。。
いらだったまま大きく戻ってすぐ値を消し膠着。
もう一度安値を試したときにマルにしました。
このときそのまま2ティック安値を更新しました。

13:25~50
安値更新後、1分足でみて2回目の戻りで売りました。
順調に安値を切り下げていき安値を更新していく。
そして一度1分足の短期線を上回る戻りを見せるが切る前に値を消す。念のため縮小。
たまごの立会いを挟んで更に安値を更新したようだったが値は戻っていた。
しかも安値が大きめの時間サイズのチャートの長期移動平均線と中期のEMAを基準とした-2Σ、戻って1分足ベースでは中期の移動平均を試していた。
1分の中期線を抜けたら切ろうと準備をすると逆に下がり安値に並んだ。
ココでマル。
更に下がり2ティック安値を更新した。

その後15分ほど時間をかけて安値を5テック更新したが、それが底となってジリジリ値を戻していった。
私にすれば価格帯こそ違うがたまごを挟んでしばらく後に底、そして戻りは前場の動きの再現のように見えた。
頭の中身は戻りを売る気でいたが用心して見守ると前場の後半のようにジリジリ値を戻していった。
結局、売るタイミングもつかめず、買う気にもなれずそのまま手をこまねいて眺めていました。


序盤
仕掛けは特に問題ないし、縮小、マルともに無難な対応。
でも、利は薄い@@
前半1
戻りいっぱいを売ることが出来た。
こういうときは多少賭けの要素もあるが、切る目安となるものがすぐ上にあったので特に問題はないと思う。
スリッページを取られたことはまずいが「縮小しようとした」タイミングは正しかったし、マルも無難なところ。
前半2
小さな突込みからの戻りのリズムが後場にすでに2回あったので試してみた。これも切るべきめどがすぐ上にあったので賭けの要素は強いが問題はちいさい。もし、切っていれば手抜けした程度で終わっていただろうが縮小した状況でマルにしなかったのはちょっとまずい。
結果的には緩やかながら下向きの流れだったので助かったが同じことを別の日にすれば命取りになりかねない。

それ以降、全く売らなかったことは結果的には正しかったが、全く買いもしなかったのは消極的かもしれない。まあ、悪くはないが。

07/10|日計りアタフタ日誌コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
NEC_0080.jpg

前場のガソリンは高寄りして、6本そろってしばらく間では少し上げたが頭打ちして下げて行った。しかしその下げもそこそこ値を次第に戻していった。
前半は売ってました

9:15~50
一旦吊り上げて崩れるか、先に崩してから吊り上げて煎れ上げさせてから崩れるか・・・
頭の中には上昇するという意識は薄かった。
そのつもりで迎撃ラインや逃亡ポイントをいくつか考えてしばらく見守った。
先が寄り付いたとき、かなり重要視している迎撃ラインの上で始まった。期近・中物の様子から目先は上げそうに思った。
次のラインを確認しながら待つが届かないうちに下がり、また値を戻し、また消す。
仕方ないので次に高値を取りに来たときに売った。
どうにかその後は思惑通りとはいかないが順調に下がってくれた。
5分足での長期・中期移動平均線ー間隔が狭かったーを一気にぶち抜き、もっと大きいサイズの中期移動平均に達した時点で縮小。
少し抜けた後押し返され5分の長期線で頭打ち、この少し前にまた売った。
たまごの立会いを挟んでもどると安値を更新した。
5分足の-1Σで売り足した玉を縮小させ様子をうかがう。
しばらく底値でもちあったまた安値を更新した。
このときはもう少し下がると思っていたが、不意に反転して1分足の短期線を上抜いた。
少々不満を感じながらも逃げ出した。

その後先は5分足の長期移動平均線を上値に三角もちあいとなって次第に値を切り上げていった。ほかの月も様子は若干異なるものの値を切り上げていった。
10:35以降は長期線を突破し、それを支持線として値を切り上げたが引け前に中期線まで押し返された。


今日は1回取引しただけです。
売り出しは早過ぎるともいえなくはないが、これ以降で売ってもよさそうな箇所は仕切るまでの間に2箇所だけでうち片方は大きく下のほうなので結果だけならばいいように見えなくもないが、やはり売り急いだように感じる。
流れに乗った後は無難に処置したので特に問題なし。

その後全く商いしていないが、10時過ぎに売るかどうか迷って結局ビビッて手を出せないでいるうちに値が切りあがっていったので結果だけはよし。私の頭で買えるとしたら10:20以降の動きなのだが、結局上値がそんなに見込めないと判断して買いもしなかった。
07/10|日計りアタフタ日誌コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
プロフィール

Author:ChickenGeorgeKB6
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。